みみ太郎SX-011-2とSX-013を片耳高度難聴者本人が徹底比較!

みみ太郎を比較してみた

ねこたん

管理人は右耳が4年前の突発性難聴により高度難聴です。

老人性難聴や伝音性難聴など、音が正常に聞こえるけど耳が遠いという方には、おすすめです。

「みみ太郎」は人間の耳と同じ働きをする人工耳介を搭載し、補聴器では得られない「立体的で自然な音」で聴けるのを実感しました。

同じ突発性難聴で聴力損失した方でも、音の明瞭度や聴覚過敏は人によって違うので、自分にあうかどうか「みみ太郎」を一度試してみると良いと思うんですよ。

音が立体的に聞こえてくるので、本当~に感動します!

音の方角が分かるんです。

ねこたん

みみ太郎を2種類レンタルして、難聴者視点から比較しますので良かったら参考になさってください。

 

公式サイトが少し分かりにくいのですが、「無料で試してみる」というボタンを押すと、

みみ太郎SX-013もレンタルできる機種として出てきます。

 

みみ太郎SX-013は
公式サイトの「無料で試してみる!」
ボタンを押すと出てきます!

↓ ↓ ↓

 

みみ太郎SX-011-2とSX-013を比較してみた!

みみ太郎SX-011-2(モバイル)使ってみた

みみ太郎SX-011-2(モバイルタイプ)

 

みみ太郎SX-013を使ってみた

みみ太郎SX-013(ワイヤレスタイプ)

 

ねこたん

「みみ太郎」SX-011-2(モバイルタイプ)SX-013(ワイヤレスタイプ)を実際に使ってみて比べてみました!

 

みみ太郎はどちらの方が聴こえが良かったか?

SX-011-2(モバイルタイプ)です。音量の出力は同じ120dBですが音域の幅が広いです。

SX-011-2のカバーできる範囲

SX-011-2(モバイルタイプ)
オレンジ部分がカバーしてくれる部分

 

SX-013のカバーできる範囲

SX-013(ワイヤレスタイプ)
オレンジ部分がカバーしてくれる部分

  • SX-011-2(モバイルタイプ)
    20hz~20khz
  • SX-013(ワイヤレスタイプ)
    300hz~7khz

普段の生活を送る分にはSX-013(ワイヤレスタイプ)の300hz~7khzでも十分。

でも、SX-011-2(モバイルタイプ)と比べると聴こえ方が違ったんですよ!

カバーされる音域の幅が違うからでしょうね。

 

みみ太郎SX-011-2(モバイル)

聴こえはSX-011-2(モバイルタイプ)の方が良かったです。

 

みみ太郎の付け心地はどちらが良かったか?

SX-013(ワイヤレスタイプ)の方がコードがなくて8gと軽く、付けているのを忘れるくらい!

みみ太郎SX-011-2(モバイル)中身

SX-011-2(モバイルタイプ)はコードがあるので、耳の後ろから装着しても気になっていたんですよ。

本体を首から下げるとガラケーを首にかけているような感じなので気になるし。

 

みみ太郎SX-013の耳の角度調整

SX-013(ワイヤレスタイプ)は、軽くて耳にかけると安定するので落とす心配もなく、違和感もなく使えました!

実際に付けてみると、小さいので集音器が目立たないというのもうれしい!

 

みみ太郎の電池の持ちと電池交換の簡単さはどっち?

X-013(ワイヤレスタイプ)の方が電池持ちがいいけど、電池交換はSX-011-2(モバイルタイプ)かな?

  • SX-011-2(モバイルタイプ)
    約120時間(5日)
  • SX-013(ワイヤレスタイプ)
    約240時間(10日)

みみ太郎SX-011-2(モバイル)バッテリー

SX-011-2(モバイルタイプ)は単四の充電池を2個使います。

充電して何回も使えるのがうれしいです。

ただし、充電に6時間くらいかかるので、ちょっと充電時間が長いかも。

 

みみ太郎SX-013の電池のいれ方

SX-013(ワイヤレスタイプ)は「PR48」という丸い小さな電池をひとつ使います。

充電式では無く使い捨てです。

電池が、もしお近くのお店に売っていないなら、ネットで販売されているので大丈夫です。

【送料無料】パナソニック製 補聴器電池 PR48(13)8個セット(48粒)

価格:2,560円
(2018/9/23 22:35時点)
感想(6件)

みみ太郎の使い方はどっちが簡単?

どちらも同じくらいで簡単に使えます!

みみ太郎SX-011-2(モバイル)耳栓外し方

耳栓の取り外しにコツがいるので、最初に付け替えるときだけすこし大変かも?

わたしが不器用なだけかもしれません。

 

みみ太郎SX-013の音量調節

音量調節はひねるだけ!

 

みみ太郎SX-011-2(モバイル)音量調整

電源もボタン押すだけ!

誰でも使えるくらい簡単!

 

みみ太郎は、どうやって選べばいい?

音を重視するならSX-011-2(モバイルタイプ)、付け心地重視ならSX-013(ワイヤレスタイプ)

みみ太郎SX-013とSX-011-2比較

SX-011-2のカバーできる範囲

SX-011-2(モバイルタイプ)は、カバーしてくれる音域が広い!

 

みみ太郎SX-013を使ってみた

SX-013(ワイヤレスタイプ)は、付けているのを忘れるくらい軽くて目立たない!

2つレンタルしても返送料は同じなので、両方試してみるのがおすすめです。

ねこたん

わたしは両方試して良かったと思っています。
1つだけだと違いが分からないんですよね。

みみ太郎は、どちらが値段が安い?保証はついている?

SX-013(ワイヤレスタイプ)の方が安いです。どちらも2年保証つき

みみ太郎SX-013の耳の角度調整

SX-013(ワイヤレスタイプ)は、48,600円(税込)です。

片耳でも両耳でも使えます。値段は同じ。

 

みみ太郎SX-011-2(モバイル)ストラップ

SX-011-2(モバイルタイプ)は、

片耳用73,440円(税込)・両耳用75,600円(税込)です。

 

どちらも補聴器より断然安いですよね!

保証は購入から2年間で販売店の印はなくても自動的に登録してくれます💓

 

みみ太郎SX-011-2(モバイル)チラシ

レンタルしてそのまま購入する場合は、振込用紙が入っているので振り込めばOK。

他の支払い方法も可能です。

支払い方法
郵便振替(一括払い・分割払い)、銀行振込、カード決済(クロネコ@ペイメントの分割・リボ払い)、代金引換扱い、コンビニ支払い(ローソン、ファミマ、セブンイレブン、サークルK、ミニストップ、セイコーマート)

みみ太郎比較・まとめ



実際に聴こえない耳から音が入ってきて立体的に音が聴こえて、自分はもう一生聴こえないと思っていたので本当に感動しました✨

耳が聴こえないことで、出来ないことが沢山あって諦めてばかりではないですか?

わたしは、今まで耳が悪いことで、沢山のことを諦めて生きてきました。

みみ太郎を試してみたことで、もうダメだと思っていたのに、すこしだけ希望が持てたんです。

 

感音性難聴の場合は、個人差があるので試してみないと使えるか分かりません。

でも、老人性難聴や伝音性難聴など、音が正常に聞こえるけど耳が遠いという方は、補聴器より安く手に入って良いのではないでしょうか。

 

楽天市場ではみみ太郎のSX-011-2(モバイルタイプ)のみ販売されています。

でも、お試しが出来ないので公式サイトからお試しを申し込んでから検討するのがおすすめです。

みみ太郎 SX-011-2 片耳用

価格:73,440円
(2018/9/23 22:08時点)
感想(0件)

みみ太郎は、無料で新品を10日間お試しして、気に入ったらそのまま購入可能。

もちろん気に入らなかったら送料は自己負担で返却できます。

返却の送料は自己負担といっても1,000円くらいで、レンタル自体は無料でお試しさせてくれるってすごいと思うんですよね。

ねこたん

もう聴こえないとあきらめずに一度レンタルしてみてください!

みみ太郎SX-013は
公式サイトの「無料で試してみる!」
ボタンを押すと出てきます!

↓ ↓ ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。